こんなときは……


Q1.柵に電気が流れない
A.電池が切れていませんか?
  電池残量を確認し、必要なら交換して下さい。 ⇒電池の残量確認方法
A.漏電はしていませんか?
  柵線に不要なものが接触している場合もあります。確認して下さい。 ⇒接触による漏電の例
A.アースは確実に設置・接続していますか?
  アース線の接続状態を確認して下さい。 ⇒アースの接続状態の確認
A.出力線とアース間でスパークしていますか?
  本器の点検方法を試してみて下さい。 ⇒本器の点検方法
Q2.夜間自動が作動しない
A.電源スイッチが夜間自動になっていますか?
  電源スイッチを夜間自動にして下さい。
A.出力線とアース間でスパークしていますか?
本器の点検方法を試してみてください。→本器の点検方法へ
Q3.明るくなっても自動で止まらない
A.光センサーが何かで塞がれていませんか?
塞いでいるものを取り除いてください。
Q4.電池残量ランプがつかない
A.電池が切れていませんか?
電池を交換してください。
A.電池の+と-が逆になっていませんか?
電池の+と-の向きを確認してください。
A.電池コードが切れてしまっていませんか?
切れていた場合、電池コードを買い替えてください。
Q5.作動ランプが点灯しない
A.電池の残量に問題ありませんか?
本器の電池残量を調べてください。 ⇒電池の残量確認方法
A.電池の+と-が逆になっていませんか?
電池の向きを確認してください。
Q6.電源逆接警報ランプが点灯する
A.電池コードの+と-が逆になっていませんか?
電池コードの+と-の向きを確認してください。





ダウンロード/サイトマップ/個人情報保護法について